いさわんのグロブ

ゲームとか爬虫類とか体重とか

レオパを飼おう!その4

 まずをこちらを御覧ください!!

 

 

 

 

初の捕食シーンです!!

ピンセットから食べてほしかったんですが、全く興味を示さなかったのでケージ内にコオロギを放置していたら食べてくれました!!

見事な丸呑み!!あっぱれ!!!

 

ということで名前も決定しました(*˘︶˘*).。.:*♡

 

まるのみザウルス

 

 

略して"まるくん"です。

よろしくまるくん!

 

 

そんなまるくん、一昨日はほとんどシュルターから出てきてくれなかったです(¯―¯٥)

やっぱり環境が変わって警戒してるんでしょうかね。

たまにこうやって外の様子を窺っています。

f:id:iwaiwa_blog:20171014191758j:plain

 

 

 

 

こちらは貴重なサービスショット(*>_<*)ノ

f:id:iwaiwa_blog:20171014191922j:plain

 

ぷっくりおなかがめちゃくちゃかわいい~(。>﹏<。)

壁を登れない(ヤモリなのに!)けど必死にぺたぺたと足を壁にくっつける仕草が超キュートでした(*´∀`*)

 

昨日の夜はかなり冷え込んだけど適温くんのおかげでケージ内は27~30℃に保たれていて快適そうです。

でも東北の冬はまだまだ寒くなるのでヒーターの追加も考えてます~。

とにかくまるくんが過ごしやすい環境を維持していきたいですね!

 

 

 

 

 

少し慣れてきたのか今はシュルターの屋根を冒険中です!

f:id:iwaiwa_blog:20171014192337j:plain

 

 

 

 

 

レオパを飼おう!その3

レオパお迎え記念日

 

( ´∀`ノノ☆パチパチパチパチ

 

では早速御覧ください!

 

f:id:iwaiwa_blog:20171012192903j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:iwaiwa_blog:20171012192914j:plain

 

 

!!!!!!

 

 

 

 

 

 

f:id:iwaiwa_blog:20171012192927j:plain

 

 

うおおおおおおおおおおおおお!!!!

 

 

 

 

 

f:id:iwaiwa_blog:20171012192937j:plain

 

 

うわああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

f:id:iwaiwa_blog:20171012192947j:plain

 

 

 

ひゃああああああああああああああああああああ!!!!!!

 

 

 

かわいい!かっこいい!!!

ぷっくりした胴と尾!!

ぺたぺたした細い指先!!!

キリっとした目に優しそうな口元!!!

う~~ん、まんち!w

 

すごく人に慣れてて手に乗せても全然暴れません。

舌をぺろぺろして余裕の表情をみせてくれます。

 

狭い容器での長旅だったから疲れた顔をしていたのですぐにケージに入れてあげました。

 

f:id:iwaiwa_blog:20171012192957j:plain

 

f:id:iwaiwa_blog:20171012193007j:plain



やっぱりそこに入るのね。

本当に疲れてたみたいで今はぐっすり眠っています。

餌をあげてみましたが全く反応しなかったです(・。・;

起きてきたらもう一回あげてみよう…。

 

 

 

そうそう。悩んでいた餌ですが、やはり活き活きとした虫をあげるのも爬虫類飼いのロマン…!

ということで活きコオロギを100匹ほど買いました。

 

※以下虫画像注意です

 

 

 

 

f:id:iwaiwa_blog:20171012192827j:plain

 

 

・・・?

 

 

 

 

 

 

f:id:iwaiwa_blog:20171012192818j:plain

 

 

アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!

 

 

店でみたときは大丈夫だったけど、家で見るとちょっとアレですね…。

お店ではビニール袋に入れて渡されたのでダイソーで良い感じのケースを買って入れました。

生きてるのでこいつらにもエサが必要です。野菜とかでいいそうです。

コオロギにたっぷり栄養を与えて…栄養を蓄えたコオロギをレオパに与える…!

う~~~~ん、神にでもなった気分ですね。

 

ちなみにレオパに与える時はこのカルシウムとビタミンのパウダーをコオロギにまぶして与えます。

f:id:iwaiwa_blog:20171012192842j:plain

カルシウムは不足すると「クル病」の原因となるので必須らしいです!

ビタミンD3はカルシウムの吸収を促進させてくれるみたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

ということでレオパ&コオロギの飼い主となりました。

大切に大切に愛情を注いで育てていきたいと思います。

まだまだ先の話になりますが繁殖なんかもしてみたいですね!

くぅ~楽しみ~~~(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

 

 

レオパを飼おう!その2

こんにちは。

レオパード・ゲッコー(ヒョウモントカゲモドキ)を飼うためのブツが揃いました。

 

まずは

ケース

f:id:iwaiwa_blog:20171011212240j:plain

これは元から家にあったフィギュアのケースですね。

38*18*15くらいです。

 

 

次にウェットシェルター

f:id:iwaiwa_blog:20171011212236j:plain

貰い物ですがほぼ新品です。

上部に水を入れると全体に染み渡るので内部は良い感じの高湿度な空間になります。

 

 

これは水皿です。

f:id:iwaiwa_blog:20171011212242j:plain

 

そのまんまです。水を飲むためのお皿です。

見た目がそれっぽいのにしてみました。

 

 

温度計・湿度計

f:id:iwaiwa_blog:20171011212245j:plain

ケース内が適切な温度・湿度になっているか確かめるために必要です!

レオパの温度管理はそこまでシビアじゃないけど冬は寒いから気を付けないといけないですね!!

 

そして最後にヒーターですf:id:iwaiwa_blog:20171011212246j:plain

これでケース内を適温まで上げます。

表面温度42℃くらいまで暖まるみたいです。

 

 

 

これらをまとめると・・・

 

f:id:iwaiwa_blog:20171011212249j:plain

 

お~~~~。

床材はサンドやチップなんか色々あるんですが小さいうちは誤飲して腸閉塞になっちゃうなんて事が結構あるようなので

無難にキッチンペーパーにしてみました。

ただやっぱり見た目がちょっとアレですね。雰囲気がない…。

そのうち他のモノも試してみようと思います。

 

こんな感じで飼育環境が整ったので、明日の仕事終わりにでもショップにいって取り置きしてもらっていたレオパを受け取ってこようと思います。

かぁ~~楽しみだなぁ~~。名前も決めないとな~~~。

バロンかレネクかチョガスで悩んでます。

バロちゃん、レネちゃん、チョガちゃん…。

う~ん、微妙。あ!スカールもいいな…。

明日1日考えていよう…。

 

今回はここまでです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレステッドゲッコーもめちゃくちゃかわいい

f:id:iwaiwa_blog:20171011215454j:plain

 

レオパを飼おう!その1

皆さんは

レオパード・ゲッコー(ヒョウモントカゲモドキ)

という生き物をご存知ですか?

 

有隣目トカゲモドキ科に分類されるトカゲで、ゲッコー(ヤモリ)の仲間らしいです。

レオパ!と呼ばれ、こんな可愛らしい姿をしています。

f:id:iwaiwa_blog:20171008191757j:plain

 

むっちりとした体格と太い尻尾、豹のような模様が特徴的ですね。

大きさは掌に乗るくらいです。

爬虫類ペット界では最もポピュラーで飼いやすいみたいで知名度はかなり高いらしいですが、私が知ったのはひと月くらい前です。

なんとなく観ていた、某同人ゲーのキャラクターが色んなモノ(MTGのカード、タバコ、麻薬、爬虫類等々)を紹介する個人製作の動画で偶然知りました。

その動画でレオパに一目惚れしてしまい「飼いたい!」と思って色々調べて数週間、遂に飼う決心がついたので爬虫類を扱うショップに行ってきました。

ネットで調べた相場は安いもので3000円。思っていたよりもかなり安いです。

この安さも魅力のひとつですね。ただ高いものは…とにかく高いです。

レオパは模様や色合いが多種多様で色んな品種(モルフ)があります。

有名なブリーダーが交配したものだったり、珍しい色のモルフはどえらい高かったりするんですねぇ。

ハイイエローっていうのがレオパで最初に作成されたモルフで人気があるっていう話です。

確かに上の写真は…なんだろう。わかりません。

ただベビーとアダルトで色や模様が変わったりするらしいので、そこも育てる楽しみのひとつですね。

で、実際にショップで売られていたもので一番安いのは7000円でした。

多分ですが展示即売会などのイベントだともっと安く手に入るのかなぁと思います。

でもこの7000円の子はあまり好みのモルフではなかったです。ちょっと暗い感じだったので。

他に候補は8000円のお顔が少し大きくて凛々しい子と、12000円の明るい黄色の子でした。

どちらにするかすご~~く悩みましたが、店員さんから「こういうのは悩むと決まらないから、触ってみてビビっときたヤツにするといいですよ!」とのアドバイスを頂いたので手に乗せて決めることにしました。

明るい黄色の子にはちょっと嫌がられちゃって持つのが大変でした。でも可愛い…。

次に凛々しい子を触らせてもらうと、くりくりした目でこちらを見つめている…。

しかも一瞬だけどペロっと指を舐めたんです。

あ~もうこれはうちで飼われたがってるよ~と感じました。(驕り高ぶる人間の傲慢)

ということで凛々しいお顔の子に決めて、次回来店時に受け取る約束をして退店しました。

偏見持ちなのでこういう店のスタッフは知識のない素人を見下すようなイメージがあって、結構びくびくしながら話をしてたんですが

今日対応してくれたお兄さんはとて親切で助かりました。

ありがとうございますやで…ほんま…。

 

というわけでお迎えするために必要なものを準備することになりました。

まずはケースです。レオパのお家になるケース。大事ですねぇ。

調べてみると狭すぎたり通気性が悪くなければなんでもいいみたいですね。

爬虫類専用のアクリルケースやガラスケースももちろんありますが結構良いお値段しますね。

見た目を気にしないなら100均なんかにあるプラケースみたいなものも使えますし、無虫カゴでもいいですね。

私はうちにあったちっちゃいフィギュアなんかを並べて飾れるケースがあったのでそれを使うことにしました。

前面がパカっとあくので掃除なんかもしやすそうですね。

 

次に大事なのがヒーター

レオパは温かい地方のご出身です。ある程度寒さにも耐えられると言われていますが、恒常的には耐えられないようです。

ヒーターの重要性はショップのスタッフの方にも何度も言われました。

「とにかくヒーター!まずヒーター!ノーヒーターノーレオパ!」だそうです。

 

みどり商会 ピタリ適温プラス 1号

みどり商会 ピタリ適温プラス 1号

 

 

こういった薄いシート状のものをケースの下に敷いたり、側面に貼ったりして使うんですね。

今回は知り合いが使わなくなったピタリ適温プラス1号を譲ってくれるので、ありがたく使わせてもらおうと思います。

ちなみに2号、3号も存在するらしいです。

 

 

 

あとはシェルターも必要です。

隠れ家ですね。色んな形があるみたいですが、レオパには適度な湿度も必要になってくるのでウェットシェルターというものが良いようです。

レオパは脱皮するんですが、湿度が低いと失敗しちゃうらしいです。

スドー ウェットシェルター L

スドー ウェットシェルター L

 

こいつも知り合いからもらいました。ありがとうございます励みになります。

 

 

あとはケース内の温度と湿度を測るメーターと水皿、餌くらいですかねぇ。

メーターはAmazonで見つけた

ビバリア ツインメーターNEOを注文しました。

 

ビバリア ツインメーター NEO

ビバリア ツインメーター NEO

 

 

 

水皿は100均で適当なものを買おうと思います。

 

餌は虫食が基本みたいですが人工飼料もあるみたいなので色々試してみたいと思います。

ただ個体によって虫以外一切食べない!っていうわがままな子もいるようなので大変そうですね。

コオロギだったらいいけど、デュビア(ゴキブリ)は少し抵抗ありますね…。

 

 

ここまで一気にダーーーーっと書いたから疲労感がすごい。

 

簡単にまとめると

 

レオパ飼う!

ヒーターシェルターもらう!

メーター買う!

 

こんな感じです。

 

 

最後にレオパの魅力が伝わるであろう動画をご紹介してお別れです。

 


ヒョウモントカゲモドキの飼い方/レオパの飼い方

 


ヒョウモントカゲモドキ デュビアをサクサク捕食 Leopard gecko eating Roach

 


【ヒョウモントカゲモドキ】ピンクマウスを滑らせながら捕食 Leopard gecko eating pinky

 

 

くっそかわいい

Fainaru Fantaji- ⑭ 完結編

アーケインハーツが死に

エミルクロニクルオンラインが消え

灼眼のシャナ封絶バトルが永き眠りについた8月の末より

およそ10の日が経った頃

エオルゼアの地に1人の若い女戦士が現れた

 

f:id:iwaiwa_blog:20170913211954p:plain

 

彼女の名は

"Iwa Ryuzaki"

 

 

闇の覇王に殺された両親の仇を取り、捕らえられた妹を助けるために旅を続けていた。

しかし実は生きていた両親とは道中の村で偶然再開を果たし、妹は自力で近くの街に逃げていて無事だった。

闇の覇王は別の冒険者が倒したことで世界に平和が訪れたという。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:iwaiwa_blog:20170913213437p:plain

 

 

グレートですよこいつはぁ~~~~~っ

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』を観ました。

ネタバレがあるかもしれないので一応

 

続きを読む

シンジド ビール売り子説

皆さんはLeague of Legendsに登場するシンジドというチャンピオンをご存知だろうか。

 

f:id:iwaiwa_blog:20170505122636j:plain

 

LoLプレイヤーから圧倒的な人気を誇りながらも依然としてその正体が明らかになっていないシンジド

WCS(世界大会)でもシンジドの正体について度々熱い議論が交わされている。

 

まずは数ある学説の中からほんの一部だが有力なものを紹介しよう。

 

 

サーファー説

f:id:iwaiwa_blog:20170505122707j:plain

 

 

科学者説

f:id:iwaiwa_blog:20170505122804j:plain

 

 

ペスト医師説

f:id:iwaiwa_blog:20170505122911j:plain

 

 

上記3つは最有力説とされ、これらを中心に議論は進められてきた。

しかし実はこれが間違いだったのだ。

 

私はシンジドの正体を確かなものにするべく野球場へと足を運んだ。

そこで私はあるモノを発見し、シンジドの正体を暴くことに成功した。

 

 

そう・・・

 

 

 

シンジドの正体とは・・・

 

 

 

 

 

f:id:iwaiwa_blog:20170505124159j:plain

 

 

ビールの売り子とは?

f:id:iwaiwa_blog:20170505124827p:plain

野球場では観戦しながらアルコール類を飲むことができる。

熱い陽射しを浴び、白熱する試合を観ながら飲むビールは格別だ。

しかしドリンクを買うために席を離れてるうちに試合が急な展開をみせる

なんてことがないこともないはずだ。

そんな時に活躍するのが売り子だ。

彼女たちは重いサーバーを背負ってスタンドを駆け回り、観客たちの渇いた喉を潤すために汗を流しているのだ。

 

では何故シンジドが売り子なのか?

いくつかの根拠を挙げながら説明していこう。

 

 

根拠1 タンク

シンジドは背中のタンクから謎の液体を撒き散らして攻撃を行う。

売り子もタンクを背負っており、そこからビールを出す事で観客に"酔い"というデバフを付与する。これを攻撃とみなしても間違いではないだろう。

 

 

 

 

根拠2 セリフ

シンジドのセリフと売り子のセールストークを比較してみよう。

 

  シンジド           売り子

「君も一杯どうだい?」   「ビールいかがですかー!」

「待っていろ」       「お待ちください!」

「もうすぐだな」      「すぐ伺いますー!」

「そこにいたのか」     「そちらの方ですねー!」

「お味はどうかな?」    「お味はどうですかー?」

 

 

どうみてもシンジドはビールを売ろうとしている。

味の感想を聞きコミュニケーションを取っているところからかなりの売り手であると推測できる。

 

 

 

 

 

根拠3 体力

売り子は重いタンクを背負いながら階段がたくさんある観客席を素早く移動し客の元へと駆けつけなければならない。

そのため肉体的な負担は大きく、体力勝負の仕事である。

しかし売り子たちは決して倒れることはない。

何故なのか。

その答えを持っていたのはシンジドだった。

シンジドのアルティメットスキル(必殺技的なスキル)「狂人のポーション」は発動すると移動速度と体力の回復量が増加する。

クールタイムも短いので試合中何度も使えるためシンジドは中々倒れることがない。

売り子もシンジドと同様のアルティメットスキルを持っているため

試合中に力尽きることなく、素早くビールの提供ができるというわけである。

 

 

 

 

 

 

根拠4 ルックス

売り子には可愛い女性が多く、球場ごとに名物売り子がいたり、売り子を集めたアイドルグループや、写真集等が発売されたりしているという情報もある。 

また、あのタレントの「おのののか」 も売り子経験者として広く知られている。

やはりビールを飲むおじさんたちは可愛い女性から提供されたいものなのだろう。

そのため売り子のルックスは非常に重要であり売上にも関係してくるようだ。

 

では、シンジドはどうだろうか?

 

f:id:iwaiwa_blog:20170505133457j:plain

 ・美しい白い目

・真珠にように輝く頭

・形が良く高い鼻

・隠された口元

 ・エルフのような尖った耳

 

顔のパーツどこをとっても文句の付けようがない美人じゃないか・・・

こんな美人さんに入れてもらうビールはさぞ美味いだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 以上4つの検証の結果からシンジドがビールの売り子であることが明らかとなった。

皆さんも是非球場へ足を運び、熱い試合を観ながらキンキンに冷えたビールを楽しもう!(Q.E.D)