読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いさわんのグロブ

書いてもいいブログなんてぬるすぎるぜ

フレームアームズ・ガール 迅雷

昨日フレームアームズ・ガールのアニメについて書いたと思うが

今日はその原作であるプラモデルの話をしようと思う。

話というが文章よりも写真が多くなると思うのでスマッホの通信容量残が0.1GBしかなく、残りの23日間を通信規制されて過ごすのが嫌な者は今すぐこのページから去る事をオススメする。

それでは本題に入ろう。「フレームアームズ・ガール」とは何か。

賢くて頭の使える人類やフクロウ目フクロウ科フクロウ属ならば既にWikipedia等で調べてからこの記事に臨んでいると思うが、賢くない友人達のために簡単に説明しよう。

フレームアームズ」というのはナウくてクールなロボットでありコトブキヤが販売しているプラモデルだ。

このナウくてクールなロボットを女の子の姿にしたモノがフレームアームズ・ガールであり、こいつらもプラモデルだ。

2015年の5月に記念すべき第一弾の「轟雷」が発売された。

それ以降「スティレット」等が発売されていくのだが詳しい事を一々ここで説明するつもりはない。お前は賢いからだ。

そんな数あるフレームアームズ・ガールの中から俺が選んだのは「迅雷」だ。

本当は「バーゼラルド」が欲しかった。可愛いからだ。

しかし俺は最終的に迅雷を選んだ。安くて可愛いからだ。

可愛い迅雷には2バージョンある。

朱色の武装に身を包み美しい金髪をなびかせるノーマルと、藍色の武装に黒髪のindigo verだ。

アニメに登場するのはindigo verだ。

アニメから興味を持った俺が買うのは当然indigo verだろうと思ったお前は愚かだ。その愚かさは今日ここで捨て去れ。もう誰にもその愚かさを晒すことがないようにだ。

俺はノーマルの迅雷を購入した。安いからだ。

そもそも何故アニメに登場するのがindigo verなんだ?しかも眼帯をしている。

プラモデルの迅雷は両ヴァージョンとも眼帯などしていない。

俺は同情した。ノーマル迅雷の涙がAmazonのページを通じてパソコンのディスプレイを濡らした。

俺だけがその悲しみを理解した。

そういう事があって今手元にノーマル迅雷がある。

f:id:iwaiwa_blog:20170407220142j:plain

 

 

これはあらゆる芸術家を虜にするという伝説的絵画などではなく、プラモデルのパッケージであるというから驚きだ。

 

ここからは足早に紹介していこう。

 

これが中身だ。

f:id:iwaiwa_blog:20170407220430j:plain

 

 

そしてこれが完成した迅雷だ。

f:id:iwaiwa_blog:20170407220516j:plain

 

 

 

 

 

プラモデル初心者の俺でも2時間ほどで簡単に組み上げる事ができた。

迅雷本体は塗装なしでも十分なクオリティだが、武器は塗装が必要だと感じさせられた。

そういった技術や知識は全く持ち合わせていないのでこれから勉強していこうと思う。

道具も必要だろう。それからカメラも必要だ。スマッホでの撮影は限界がある。

1人では寂しいから他のフレームアームズ・ガールを迎える事も急務となった。

より強さを求めるためにはウェポンユニットやギガンティックアームズ等も必要となっていく。

ソースを明かす事はできないが布製のきゃわいい服を着せる事により可愛さにブーストが掛かるという情報もある。

忙しくなる。これから俺は多くのミッションをこなすために血と泥が入り交じる戦場を走りまわる。

お前はついてこれるか?

 

 

おわり